車買取の基本

車の買い替え時、下取りに出した車の行方というのは、どうなるか知っていますか?

 

新車販売ディーラーでは、基本的に下取として買取った車は、系列の中古車販売店で販売することになります。中古車でもディーラーの整備工場で整備を行い、認定中古車として販売することになるんです。

 

認定中古車として販売するためには、いくつかの条件がありますよね。その中には、当然ですが、事故車は含まれません。事故車は大きな欠陥がある車として、認定中古車として販売することは難しいので、ディーラーとしては下取り車として買取をすることはほとんどのケースでないんです。つまり、事故車は下取りに出せないということになります。ディーラーで事故車の下取りを頼めば、下取りをしてもらえず、処分費を請求さえることになるのが、ほとんどです。

 

では、事故車は絶対に処分しなければならないのか、買取ってもらうことが出来ないのかというと、実は買取ってもらうことが出来るケースがあります。それは、車買取店に査定に出すということです。車買取店は、車を中古車として販売することを目的としていないところもあります。事故車を買取り、事故車の部品を取り外して、部品を販売するということを行っている会社もあるんですよ。程度の良い事故車であれば、部品取り車としてかなり高い価格で買取ってもらうことが出来るケースがありますので、事故車は廃車にするしかない、処分するしかないとあきらめずに、買取店で査定を受けてみてくださいね。


愛車を高く売るなら

愛車を高く売るなら下取りではなく、査定に出しましょう。
16万円以上得した方も実際に出ています。
もし、下取りを出そうと思っている方はとにかく査定に出してみてください。もちろん無料で時間もかかりません。