車下取りに必要な書類

車を下取りに出すときには、実はいろいろな書類が必要になります。下取りに出すということは、車の所有者を変更する手続きなども必要になるからです。また、下取りは同時に新しい車を購入する場合に成立するものなので、同時に購入に必要な書類もそろえる必要がありますよね。

 

車の下取りに必要になる書類は、まず車検証と自賠責保険証、リサイクル券、自動車税納税証明書、実印、印鑑証明書があります。さらに、譲渡証明書という書類に記載をする必要があります。これは、所有者を自分からディーラーに変更しますという手続きに必要な書類です。この書類に実印を押印することになりますので、印鑑証明書が必要になるんです。手続きをディーラーに委任する場合には、委任状も必要です。譲渡証明書と委任状については、多くのケースでディーラーが用意してくれますので、用意された書類に記名をし、押印をするということになりますよ。車検証に記載されている住所が、現住所と異なる場合には、住民票も必要になります。

 

住民票には、現在の住所と、その一つ前に住んでいた住所が記載されていますが、さらに前に住んでいた住所が車検証に記載されている場合には、住民票の除票というものが必要になってきます。

 

車検証の住所と現住所がどのようになっているかは、あらかじめチェックしておきましょう。必要になる書類は普通自動車と軽自動車では異なりますが、ディーラーなどで説明をしてくれますので、それに沿って揃えましょう。


愛車を高く売るなら

愛車を高く売るなら下取りではなく、査定に出しましょう。
16万円以上得した方も実際に出ています。
もし、下取りを出そうと思っている方はとにかく査定に出してみてください。もちろん無料で時間もかかりません。