車下取りではどんなことやるの?

ディーラーなどで車を購入する時に、よく行われている下取ですが、一体どのような事をしているのでしょうか?ディーラーには下取表と呼ばれる価格表があります。

 

メーカーや車種、年式、型式などによって、中古車の価格が記載されている冊子があるんです。まずこの下取表で、下取りする車の基本となる価格をチェックします。その後行われるのは、車の査定です。外装に傷や汚れ、凹み、傷みなどがないか、内装についても傷や汚れ、傷みなどがないかなどをかなり細かくチェックして行きます。

 

さらに、車の重要な駆動部分やエンジン、シャシーの状態など、チェックをしていくことになります。
車には整備手帳が備わっていますが、この整備手帳についてもかなり細かくチェックすることになります。普段整備などをしてもらっているディーラーでは、記載内容などの控えがあるので、あらかじめそれをチェックする場合もありますが、普段付き合いがないディーラーの場合いは、この整備手帳の内容をかなり細かくチェックしますよ。

 

車内や車外の装備品の状態、取扱説明書の有無といったことも、チェックします。このような細かなチェックを行ったあとに、先ほどの下取表の価格から悪かった点をマイナスして行き、標準的な状態に比べて良かった点をプラスして行くということを行い、最終的に下取り査定金額を算出します。

 

下取は新しい車の購入価格に充てるため、基本的には購入額よりも低い価格になることが多くなりますよ。この辺りは購入資金に充てない買取店とは、ちょっと違いがある点ですね。


愛車を高く売るなら

愛車を高く売るなら下取りではなく、査定に出しましょう。
16万円以上得した方も実際に出ています。
もし、下取りを出そうと思っている方はとにかく査定に出してみてください。もちろん無料で時間もかかりません。