下取りの意味!

よく新車販売ディーラーでは、今乗っている車を下取りにして、新しい車の購入資金にしてはどうでしょうか?という提案を受けることがあります。この下取、一体どんな意味なのでしょうか。

 

下取というと、なんとなく車の購入時に良く聞かれる言葉ですが、実は何か商品を購入する為の資金として、自分が持っているものを充てる。という意味があるんです。つまり、今自分が所有している車をディーラーに引き渡す代わりに、新車購入資金にあてる。

 

ということです。何かを購入する現金の代わりに、持っているものを供するということなんです。そのため、実は購入する人よりは、販売する人が価格を決定して、その価格で納得してもらうように誘導されることが多いんですよね。

 

新車販売ディーラーでは、車を下取して、その車を系列中古車ディーラーで販売して、利益を上げることが必要になります。販売をするためのコストなども必要になるので、車本来の価値よりはやや低めの価格で買取をして、さらにコストなどを上乗せし、利益を確保できる価格で販売します。

 

車を手放して購入資金にあてるという意味では、実は車を別の買取店に買取ってもらって、現金を手に入れて、それを購入資金にあてるという方法もあります。この場合、実は下取査定受けるよりは、高い価格で買取ってもらうことが出来るケースが多いんですよ。これは販売コストなどが低くなるためなんですよね。特に新車を購入しなくても、車買取店であれば買取ってもらうことはできますよ。


愛車を高く売るなら

愛車を高く売るなら下取りではなく、査定に出しましょう。
16万円以上得した方も実際に出ています。
もし、下取りを出そうと思っている方はとにかく査定に出してみてください。もちろん無料で時間もかかりません。