事故車は下取りに出せる?

車が事故に遭うと、もうそれだけで気持ちは沈みますよね。

ただ、事故車といっても、こすってしまい傷をつけてしまった。ぶつけてバンパーが外れてしまった。という程度であれば、実は事故車とば呼ばれません。事故車というのは、本体に接合されている部分に損傷を受けた車で、交換できる部品が破損したという場合には、事故車には当たりません。つまり、逆説的になりますが、事故車となって車というのは、致命的な傷を負っている車ということになるんです。

 

この事故車ですが、実はディーラーなど車を購入する時にその費用にあてる「下取」では、価格が付かないことの方が多いんです。価格が付かないどころか、処分費が掛かってしまう事があるんですよ。

 

つまり、下取りに出すことは出来ないんです。

 

ディーラーなどでは、品質に保証をつけることが出来る車以外は、下取りをしてくれないんです。これは、下取り車は整備を施し、中古車として販売するという都合があるからで、事故車のように買い手がつかない車は、品質に保証をつけることが出来ないので、買取ることが出来ないんです。

 

そのため、ディーラーで事故車を下取りにというと断られますし、悪くすれば処分費が掛かるということになるんです。ですが、事故車でも買取ってもらうことが出来るケースがあります。

 

それが、車買取店です。

 

事故車でも、使うことが出来る部品が沢山ある車という観点で見れば、価値を見出すことが出来ます。車買取店の中には、部品に価値があるということで買取をしてもらうことが出来るケースがあるんですよ。


愛車を高く売るなら

愛車を高く売るなら下取りではなく、査定に出しましょう。
16万円以上得した方も実際に出ています。
もし、下取りを出そうと思っている方はとにかく査定に出してみてください。もちろん無料で時間もかかりません。