新車購入する際の下取りの流れ

新車販売ディーラーなどで車を購入しようと思っている時、既に今乗っている車を下取りに出して、購入資金に充てようと考える人が多いですよね。

 

この下取りは、どのような流れで行われていくのでしょうか。

 

まず新車を選び、どの車を購入しようか、オプションはどのようなものを付けようかなど、新車購入に必要な費用を算出した後に、下取り査定というものを行うことが多くなります。下取り査定は、ディーラーの下取表というものを基本として算出して行きます。年に数回この下取表は改定されますが、その時の旬な価格が記載されているわけではないんですね。この下取表に掛かれている金額を基準にして、不備がある点はマイナスし、想定されている条件よりも良い点をプラス加点するなどして、下取り価格を決定します。

 

下取は新車の購入資金の一部になるため、多少辛い下取り査定を行ったとしても、値引き額などを増やしたりすることで、顧客に対しては「このくらいの金額になりましたが、値引きを増やしたので納得してもらえますか?」といいような提案をされることも多くなります。

 

トータルして安くしてもらうことが出来れば、購入者側としては納得できる部分もあるので、多くの下取りはやや低めの価格で査定されることが多くなります。

 

つまり、自分の車の価値をかなり低くみられることが多いんですよね。車買取店に持ち込んだ場合いは、その時の旬の相場を基本として査定を行うことや、車の価格だけで勝負しなければならないために、下取りよりもたかい価格で査定を算出しやすいと言われています。

 

以外に値引き額を加味した金額よりも車買取の査定の方が高いこともあるんですよ。


愛車を高く売るなら

愛車を高く売るなら下取りではなく、査定に出しましょう。
16万円以上得した方も実際に出ています。
もし、下取りを出そうと思っている方はとにかく査定に出してみてください。もちろん無料で時間もかかりません。